Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 錦織りなすかモミジ谷

もみじ谷本流ルート

 

上段左から)ウリハダカエデ、オオモミジ、イタヤカエデ
下段左から)コハウチワカエデ、ウリカエデ、イロハモミジ

上段)ウリハダカエデ、イタヤカエデ、コハウチワカエデ
下段)ヒナウチワカエデ、オオモミジ、コハウチワケデ
ウリハダケデ

 金剛山・葛城山は、カエデ科の仲間ウリハダカエデの多いところである。とりわけ、金剛山では大日岳周辺、葛城山では葛城高原ロッジのあたりに大木が見られる。さらに、水越川の源流部には、モミジ谷と名前のつく谷があり、どんなカエデが出迎えてくれるのか、また紅葉の美しさいかほどなのか興味は尽きない。
 このモミジ谷ルートは、まず水越峠からダイヤモンドトレールを歩く。途中、江戸時代の水越川水論争で有名な越口を通過する。水越川の水路を人工的に変え、奈良県側の関屋方面へ水を落としているところで、この水は、現在でも御所市吐田郷(関屋・増・名柄・豊田・宮戸・森脇・多田・寺田の8ヶ村)を潤し、その実りは吐田米としてブランド化している。ダイヤモンドトレールは、カヤンボから川を渡って丸太階段の登りにとりつくが、モミジ谷に入る分岐は、もう数十メートル先にある。
以前、この入口に「吐田郷生産森林組合伐採中」の札が掲げられているのを見たことがある。吐田郷の米作りはこの川の水の恩恵にあやかっており、水越川の源流域の森林も維持管理しているようだ。国産材がなかなか採算に合わない現在では、森林資源の活用というより、治水のための手入れに重きをおいているのだろう。
 河川の保全という意味では、砂防ダムの多い谷である。3つ目の砂防ダムをやり過ごすと、狼谷が右手から合流してくる。狼と名のついた渓谷にはおのずと興味が注がれる。日露戦争さなかの1905年(明治38年)、東吉野村で捕獲されたニホンオオカミが捕獲されたものとしては最後のものとなり、絶滅してから100年の歳月を経た。この山にニホンオオカミの遠吠えを聞くことができたのは、いつの頃だろうか。それでもこの名が残っているのはうれしいものである。

  5つめの砂防ダムを乗り越えると川は二股に分かれ、左が「もみじ谷ルート」、右が「もみじ谷“本流”ルート」と呼ばれている。この分岐路で一息つき、両方の谷を目の前にすると、右手の「もみじ谷本流ルート」の方が形の整ったV字谷を形成しており水量もあるので、おのずとそちらに足が向く。紅葉の頃には、このV字谷の河岸が何種類ものカエデの落ち葉で埋め尽くされる。私が確認したものは、ウリハダカエデ、ウリカエデ、イタヤカエデ、イロハモミジ、オオモミジ、コハウチワカエデ、ヒナウチワカエデの8種類であった。さらに先を進んでいくと、6つめの砂防ダムと共に滝があり、厳冬期には氷瀑が見られることで知られている。砂防ダム手前左手に滝を巻くルートがある。この砂防ダムから先には、さらに3〜4のルートに分かれ、仁王杉、餌場、転法輪寺裏手とそれぞれに出ることができるので、下地図を参考にされたい。
 次に、5つめの砂防ダムに戻って左の支流を選んだ場合の「もみじ谷ルート」だが、谷沿いに直進するルートと谷左手の尾根に出るルートがある。後者の方が登山道もはっきりしており、5つめの砂防ダム分岐からすぐの左手斜面に、尾根にとりつくための急な登り坂が現れる。ここを登りきると、秋には黄色く紅葉したブナやナラ林が迎えてくれる。また、谷を覘けば鳥瞰的に、色とりどりのカエデの紅葉を見渡すことができ、やがて仁王杉付近に出る。

 
    第6砂防ダム
 
第5 砂防ダム   第5ダム後の分岐路(左・もみじ谷/右・もみじ谷本流)
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note