Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 金剛山の氷瀑、厳寒ツツジ尾谷

二ノ滝

 金剛山にも、厳冬期には氷瀑が現れると聞く。奈良県内では、川上村の御船の滝の氷瀑が有名だが、こちらは標高900mの秘境にある滝ゆえの氷瀑であり、都市部に近い金剛山に氷瀑ができるのかどうか半信半疑であった。
 その金剛山の氷瀑の1つが、ツツジ尾谷現れる。ここの氷瀑はそれなりに有名なようで、積雪期の週末はルート上が混雑する賑わいだ。まず、高畑(タカハタ)道から入山するが、このルートは山頂広場近くの六地蔵尾根に続き、ゴールデンウィークの頃にはイチリンソウの開花が見られる。谷沿いの登山道は平坦でやがて腰折滝に到着する。この滝を過ぎたところに、ツツジ尾谷への分岐があり、右とって丸太橋を渡る。積雪期はこの辺りから雪が深くアイゼンが必要となるが、4本爪のもので十分である。はたして氷瀑の完成形が見られるのか、はたまた崩壊しているのか気になるが、この時期、登山客も多く、自分のペースでは歩けない。
 いよいよ一ノ滝が見えてくるとそれなりの氷結も見られるが、ここは本命ではない。やがて、二ノ滝が近くづくと人だかりが見られ、氷瀑が目に入ってくる。滝壺というほどの渕はないが、滝足下に近づくとなかなかの迫力でしぶきが上がっている。流れの中心から飛散した水しぶきが岩肌を濡らしやがて氷の壁を何層にも成長させていった様が氷瀑の形成過程だと読み取れる。大きな氷柱は恐竜の牙にようにも爪のようにも見える。地図から読み取るとここは標高800m付近。瀬戸内海の影響を受けた温暖な大阪平野の辺境にあり、草木も岩をも凍らせるほどの寒冷地ではないため、ちょっとした気温の上昇で、この氷瀑もあっけなく姿を変えてしまう。週末しか休みの取れない者にとって、完全氷瀑に出合うには、シーズン中1〜2回のチャンスが巡ってくるという頻度だろうか。
 二ノ滝の左手に登攀ルートがあるが、ここがこのルート随一の難所で、おのずと登山者の渋滞も発生するところだ。ここを登り切ると、二ノ滝の滝口に出る。ただ、この滝口から滝壺を眼下に望むことはできない。この先、ルートは二手に分かれるが、左をとると高畑道地蔵付近に、右をとれば山頂広場付近に出る。

   
腰折滝   一ノ滝   二ノ滝付近
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note