Home Field Note 大台自然観察ノート  
 

大台ケ原のきのこ図鑑

 

【きのこの学び方】
 「このきのこは食べれますか?」「毒きのこですか?」自然観察会では、よくこんな質問を受ける。というより、むしろ私自身が、きのこを「食」からとらえようとしている。一方で、その変幻自在の容姿と短期間の露出という特徴から、なかなか同定も難しい。しかしこのたび、佐久間大輔先生(大阪市立自然史博物館学芸員)を講師としてお迎えした学習会の機会を得、きのことの向き合い方が少しわかってきた。以下、先生のお言葉。

○きのこの形はやわらかく理解しよう。(図鑑などの写真は成長の一瞬を写し取ったものにすぎない。)
○きのこは下から見よう。(つぼ・つば・柄・傘の襞にこそ同定のための特長がある。)
○まずは、「科」や「属」のくくりでとらえ、そのグループのイメージを明確にしよう。(きのこは未だ分類が進んでおらず、名前のついていないものも多いから、「○○のなかま」から始めよう。)
○いつ、どこで、どんなところから(木の種類なども)発生していたか、メモを忘れないこと。(時間もメモしておくことによって、デジカメ写真との整合性が確認できる。)

 「野外観察に出たならば、ここは一つ“食”と切り離してきのこをとらえてみよう。」まず、その意識改革から必要だ。次に、観察前の基礎知識を少し叩き込んでおくと、“食”とは別の興味深い世界が広がる。

【きのこの基礎知識】
 
菌類とは、葉緑素をもたないため光合成を行わず、栄養を他の有機物から吸収して生活するものと定義できる。さらに菌類には、子嚢菌類(全体の約70%)、担子菌類(約30%)、不完全菌類に分類される。そしてきのことは、菌類の繁殖器官である子実体のことをさすが、とりわけ肉眼的なサイズのものをいう。植物で例えるなら「花」の部分。同じ菌類のカビの場合、子実体はなく、繁殖器官は肉眼でとらえにくいため、きのことは呼ばない。

 一般的には、シイタケのように朽木に発生したものをきのこの代表選手と認識するが、「腐生菌」の仲間は、胃腸を外側に出した動物のようなもので、栄養源となる木材などの中に菌糸をもぐり込ませ、酵素を出して分解・吸収する分解者である。木材腐朽菌の場合、90%以上が白色腐朽菌で、あと褐色腐朽菌と軟腐朽菌とがある。
 一方、マツタケの場合は、朽木には発生せずアカマツの根元に近い地面に顔を出す。このような
「菌根菌」の仲間は、特定のパートナーの植物の根に付着して、植物が光合成で得て余った糖分を分けてもらって成長していく。その代わり、菌糸を根が入り込めないような土壌の隙間にもぐり込ませ、乾いた土から水分やリンの吸収を行い、それらを植物に供給する。このように分解者ではなく、植物と共生しながら生きていくきのこが菌根菌である。植物側の根に伸ばす菌糸が、植物細胞内には入らず細胞間隙に入る菌根仲間を、とりわけ「外生菌根(外菌根、外生菌根菌)」と呼んでいる。

 ちなみに、変形菌(粘菌)もきのこ図鑑に掲載されていることがあるが、こちらは変形体と呼ばれる栄養体が移動しつつ、分解者であるアメーバなどの微生物を捕食する“動物的”性質を持っているので、分解者のきのこではない。しかし、小型の子実体を形成し、胞子により繁殖するといった“菌類的”な性質を併せ持つ不思議な生物である。
 さらに
地衣類の場合は、例えばサンゴ本体は動物で植物性プランクトンと共生しているように、カビと植物性プランクトンが共生しているのが地衣類で、名前はカビの方が代表される。

菌 界 腐生菌

菌根菌

枯木・倒木 生立木 落葉・土壌 糞生菌 冬虫夏草 その他 外菌根
子嚢菌類
しのうきんるい

ビョウタケ,ピンタケ
カエンタケ
 

 

アミガサタケ科
 

 

バッカクキン科
(ハチタケ,アリタケ,セミタケ)

   
担子菌類
たんしきんるい

キクラゲ科
キシメジ科
(シイタケ,ナラタケ,エノキタケ,ツキヨタケ,スギヒラタケ,クヌギタケ)
サルノコシカケ科(カワラタケ,マスタケ)
サンゴハリタケ科(ヤマブシタケ,サンゴハリタケ)
ホウライタケ科
(ウマノケタケ)

キシメジ科
(ナラタケ)
サルノコシカケ科(マスタケ)
サンゴハリタケ科(ヤマブシタケ,サンゴハリタケ)




 

スッポンタケ科
(キイロスッポンタケ)
ホコリタケ科








 

ヒトヨタケ科
(マグソヒトヨタケ)









 

   

キシメジ科
(マツタケ,ホンシメジ)
テングタケ科
(ベニテングタケ,タマゴタケ)
ベニタケ科
(ドクベニタケ,ハツタケ)
フウセンタケ科



 

不完全菌類          

コウジカビ,アカパンカビ,アオカビ

 
<子嚢菌類>    
ビョウタケ    
   

@ビョウタケ科 A苔道(2012.9.17.)
B木材腐朽菌。その名の通り、鮮やかなヤマブキ色の画鋲を連想させる。

   
   
<担子菌類>    
クヌギタケ   ナラタケ
 

@キシメジ科 A苔道(2012.9.17.)
B広葉樹の朽木や切り株に発生する木材腐朽菌。

 

@キシメジ科 A苔道(2012.9.17.)
B広葉樹の枯木や立木に群生する木材腐朽菌。<食用>

   
スギヒラタケ   ツキヨタケ
 

@キシメジ科 A上道(2012.9.17.)
B主にスギの切り株に発生する木材腐朽菌。東北地方では美味しい野生きのことして広く親しまれてきたが、近年、このきのこが関係すると思われる急性脳症事例が発生し死亡者も出た。このきのこには青酸シアン化合物が含まれており、どうやら糖尿病との相性が悪いのではないかとも言われている。

 

@キシメジ科 A苔道(2010.8.12.)
Bブナの枯幹に群生する木材腐朽菌。夜になると襞がほんのりと発光するきのこだが、その目的はよくわかっていない。シイタケとよく似るが、こちらは棍棒状の柄がなく、半分に割ると肉に黒っぽいしみがあるので判別できる。<有毒>
 

   
カワラタケ   マスタケ
 

@サルノコシカケ科 A苔道(2012.9.17.)
B針葉樹・広葉樹の枯木に発生する木材腐朽菌。

 

@サルノコシカケ科 A苔道(2012.9.17.)
B針葉樹・広葉樹の枯木や立木に発生する木材腐朽菌。鮮やかなサーモンピンク色は、暗い森の中ではよく目立ち、その名の所以となっている。幼菌は食用となる。

   
サンゴハリタケ   ツネノチャダイゴケ
 

@サンゴハリタケ科 A駐車場付近(2012.6.3.)
B広葉樹の倒木などに発生する木材腐朽菌。傘を作らずサンゴ状に分枝する個性的な形状で判別しやすい。<食用>

 

@チャダイゴケ科 A上道(2012.9.17.)
B朽木・枯枝などに発生する木材腐朽菌。お猪口の中には、ゼラチン状物質で覆われた小塊粒が数個入っている。

   
ウマノケタケ   キイロスッポンタケ
 

@ホウライタケ科 A苔道(2012.9.17.)
B朽木・枯枝などに発生する木材腐朽菌。黒く細長い菌糸束は、女性の髪の毛を連想させることから「山姥の髪の毛」と呼ばれ、さまざまな伝説を作り出したそうである。この菌糸束を使って分布を広げていく。

 

@スッポンタケ科 A大蛇ー付近(2008.6.8.)
B林内の著しく腐朽した材上や厚く堆積した落葉上に生える腐生菌。顔を近づけてみるとかなり強い悪臭(人糞臭)を放っているが、これで食用となるらしいから驚きである。
 

   
ドクベニタケ    
   

@ドクベニタケ科 A上道(2012.9.17.)
Bマツ林や広葉樹林内の地上に発生する菌根菌。傘は紅色のチョコ型で表面はぬるぬるしている。毒きのこだが、味覚として、舌に残る辛さがある。<有毒>