くりんとの最新ガイド

フィールドガイド「地福寺の蓮華祭り」 
 役行者の命日(旧暦6月7日)に蓮の花を供花する儀式を蓮華祭などと称し、現在は新暦の7月7日に行っている寺院が多い。いずれも大護摩供が執り行われる一方、金峯山寺蔵王堂では蛙飛びの催し、金剛山転法輪寺では火渡り修行なども同日に行われ、参拝客の人気を呼んでいる。
 明治に入って1868年(明治元)発布の神仏分離令、さらには1872年(明治5)発布 の修験道廃止令などにより、修験道及びそれらの寺院は解体を余儀なくされる。…

新連載 

西行さんと歩く

 私の行くところ行くところで西行の足跡に出会う。彼が詠んだ花を月を、あらためてその場に立って感じてみたいと思うようになった。

大和の妖怪談義

 歴史ある奈良は妖怪の宝庫。とりわけ紀伊山地を中心とした南部の山々に多く棲む。妖怪は信じる人の前にこそ現れ、話しかけてくれるのです。

ナチュラリスト図鑑

どんぐり図鑑

 日本に自生するブナ科の樹木は22種で、広義ではこれらの堅果をどんぐりという。あなたのまわりでは、何種類のどんぐりを見つけられるかな?

大台ケ原自然観察ノート

 吉野・熊野国立公園大台ケ原の魅力は尽きない。環境省のパークボランティアとして、毎月、大台に上るくりんとがその見どころを解説。

ならの樹木見聞録

 だれのためでもない。次に出会ったときにはきちんとごあいさつができるようになるための図鑑。したがって、これは、私の交遊録でもあるのです。

やまとの花手帖

 ここ大和では、古代より万葉人も山野草を愛してやまない。ミレニアムの年、私は初めてデジカメを手にし、万葉人の視力に近づいた。

アニマルトラッキング入門 足跡図鑑

 糞や食痕など、動物の痕跡を「フィールド・サイン」といい、それらの証拠をたよりに犯人を追跡することを「アニマル・トラッキング」という。

デジスコ野鳥図鑑

 野鳥を観察するためのフィールド・スコープとデジカメを組み合わせること で(デジスコ)、野鳥の表情まで手に入れることができるようになった。

森の生活

 「森人」の知恵・技・食・言葉をくりんとが紹介します。

What's New !

2016. 8. 6.  西行さんと歩く「神風すずしき御裳濯の岸を歩く」
2016. 7.17.  Field Guide「地福寺の蓮華祭り」
2016. 6.24.  森の料理「橡の実を食べる」
2016. 6.23.  西行さんと歩く「人はみな吉野の山に入りぬめり」
2016. 6.23.  西行さんと歩く「とくとくと落つる奥千本の苔清水」
2016. 6.18.  大和の妖怪談義「年に一度暴れる鬼たち」
2016. 6.18.  大和の妖怪談義「ガゴゼにかますぞ」
2016. 6.18.  Field Guide「大峯山寺戸開式」

このページのトップへ